婚活前ビッチ

モテテクは本当に役立つのか。アラサー喪女がビッチを目指します。

【合コン】婚活前恋活合コン1回目①

ちょっと寒いところに行ってました。谷崎です。

 

今回の合コンの前に1つデートを挟んだものの、何の収穫もなかった2人目。

 

limited-bitch.hatenablog.com

 モテ友達、女王様に紹介してもらった合コンに行くことになりました。

f:id:jasminax:20161025071731j:plain

 

合コンの前に

実は合コンに参加するのはこれが人生初だった谷崎。

(男友達と飲んでいて、そこに他の友達が来るというシチュエーションはありましたが…。)

 

そこで、合コンの3日前に行われた会社の飲み会で、仲良しな男の先輩2人に相談してみました。

 

谷崎「今度初めて合コン行くんですけど、何かアドバイスください!」

 

先輩1「え?行ったことないの?彼氏欲しいの?」

 

谷崎「いや、特に彼氏を探してるわけではないんですけど、デートがしたいんです!」

 

先輩2「それ意味ある?笑」

 

谷崎「・・・アドバイスを!泣」

 

先輩1「そうだなぁ。。。谷崎さんはとりあえず最初の方は黙ってた方がいいと思うよ。」

 

え!確かにおしゃべりな私ですが、そんなにうるさいですか?泣

 

先輩1「あー、今回は盛り上げ役は他の人に任せて、最初はニコニコ笑ってたら?2人でしゃべる機会の時にたくさん話したら問題ないし。クリスマス前で焦ってる人いるだろうから簡単に釣れると思うけどな。」

 

谷崎「そっか!クリスマスに向けてみんな相手欲しいですよね!」

 

先輩2「クリスマスを目標にするんだったら持ち帰られるなよ!やり逃げされるぞw」

 

谷崎「気をつけます(たぶん)。」

 

この後も2人は好き放題言ってくれましたが、要約するとこんな感じです。

  1. 始めは黙ってニコニコ話聞いてろ
  2. 料理取り分けなど変に気を遣いすぎるな
  3. 連絡先は自分から聞け
  4. 2次会に行け
  5. 持ち帰られるな、次に繋げろ

まぁ基本的なことばかりですが、初心者の私にはありがたきお言葉。

肝に銘じて合コンに臨みます。

 

女子事前ミーティング

今回は4対4の合コンでした。

夜7時からの合コンの前に、女子メンバーとお茶をすることに。

 

【女子スペック】

・谷崎

・B子(谷崎の会社の同期。歳は2つ上。喪女仲間。)

・C美(谷崎の会社の1つ下の後輩。同い年で、女王様の大学の同級生。モテるけど彼氏ができないお嬢様。)

・D乃(別会社の女王様のお友達。女子大出身で学生時代は合コン三昧だったそう。)

 

普段から女王様含めてよく女子会をしているお友達です。

 

D乃「合コン久しぶりだなー。あんまり期待してないけど楽しみ!」

 

谷崎「実は私合コン初めてなんだよね。」

 

B子「あ、私も。」

 

D乃「うそでしょ!C美は?」

 

C美「あるよー。」

 

D乃「よかったー。今回いい人いたら私ガチでいくからよろしく。」

 

D乃の宣言に怖気づく3人。

 

 C美「みんなに言ってなかったんだけど・・・。実は男幹事の人を先月女王様に紹介してもらって最近遊んでて、いい感じなんだぁ。」

 

ふぁっ!?それはつまり牽制ですよね?

 

B子「本当!?いいね!詳しくきかせて(*'▽')」

 

いやそういう問題じゃ・・・まぁいいか。楽しそうだし。

恐る恐るD乃の顔を見てみると、案の定無表情w

 

まぁ黙ってられるよりは先に言ってくれて助かりましたが、自動的に今回は3対3の合コンというところでしょうか。いや、じゃあ2人は別でもよかt・・・何でもないです。

 

合コン開始

今回のお相手は、女王様の彼氏のお友達の方々、弁護士さん。

 ちょっとぐらい遅れて行こうというD乃の提案により、5分遅れて会場に。会場はちょっと高級な居酒屋さん。男幹事さんが決めてくれました。

名前を告げると個室に案内されました。扉を開けると・・・

 

ひとり。

え。なに、これw

 

「あ!こんにちは!初めまして!あ!いや!みんな仕事で遅れてて!その・・・すいません!」

 

いやいやあなたは謝らなくても・・・。私たちも遅れたんだしすみません。

でも時間指定したのそちらですよね?幹事から連絡があったわけでもないし。。

隣にいたD乃を見ると、またもや無表情w

とりあえず着席してみるけれど、何とも気まずい空気。対面に一人座らされた彼がとてもかわいそうでした。

その後10分後、15分後、45分後に残りの男性陣は到着。幹事に至っては一番最後。特に悪びれている様子もなく・・・弁護士さんお忙しいんですね。怒

 

とっても最悪な空気から始まったこの合コン。とりあえずスペックから。

 

【男子スペック】

・E(男幹事。C美といい感じの人。中川家お兄さん似。)

・F(最初に来ていた1人目。背が小さい。矢作さん似。)

・G(次に到着した人。麒麟川島さん似。)

・H(3番目。ホンコンさん似。)

 

なんか芸人さんに似ている人ばっかりwみんな壊滅的におもしろくないけどw←

 

大幅に遅刻したE以外で自己紹介から入り、飲み会は始まりました。(始まってすぐ到着。)

4人掛けのテーブルを2つ合わせた座敷タイプ。

並び順は奥の壁側からD乃、谷崎、C美、B子。男子は、E、H、G、F。(わかりづらくてすみません。)

自然と4対4で話す形に。

目の前にはEとH。隣はD乃。

隣のテーブルはなかなか盛り上がっているよう。

こちらは男2人が趣味の話で広げようとしている。

Hの趣味がバイクという話を、先輩方のお告げ通り黙ってニコニコ聞いていた谷崎。

 

H「週末は結構ツーリングに行くことが多いんですよ。」

 

E「そういえばおまえ、よくFBにあげてるよな。」

 

谷崎「へー、最近はどこに

 

D乃「そんなことより男女の話しようよ。一番最近の元カノのこと教えて!」

 

 

谷、E、H「「「・・・。」」」

 

この女すげー!!!!www

 

もちろんこの一言でその話に切り替わりましたw

 

そこからずっと彼女のターン。

「何人付き合った?」

「好きなタイプは?この中なら。」

「何歳までに結婚したい?」

「奥さんは共働き?専業主婦希望?」

「どんなデートが好き?」

 

などなど。私は黙るどころか空気でしたよ、はい。

 

途中彼女と2人でトイレへ。

 

D乃「みかちゃん誰かいい人いた?」

 

谷崎「いや、まだあんまりよくわからなくて。。D乃は?」

 

D乃「今回はなしだねwあたし向こうからぐいぐいきてくれないとダメなんだー。」

 

ぐいぐいいってたのはあなたでしたが・・・

 

終始D乃の勢いに圧倒されていた1次会はあっけなく終了。

この時点では特に気になる人はいませんでした。てか逆側2人としゃべってないしな・・・反省。

 

なんとなく2次会の流れになりました。

 

 

長くなったので、一回切ります!