婚活前ビッチ

モテテクは本当に役立つのか。アラサー喪女がビッチを目指します。

【How to bitch?】女子による女子のための正しいビッチ講座(初心者専用)

東京タラレバ娘実写化嬉しい谷崎です。

 

前回の記事の最後で婚活前恋活のルールをお話ししますとお伝えしたんですが、その前に書きたいことがあったので予定変更します。えへ。

 

limited-bitch.hatenablog.com

 

ビッチへの道

モテる女、初めて会ってから2回目のデートへの繋げ方はこちらに書いた通り。

 谷崎的まとめ。

limited-bitch.hatenablog.com

 モテる=ビッチではありませんよね。

そこで今度はビッチになる方法を検索開始。

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

・・・ない!!!!

f:id:jasminax:20160908221146j:plain

 

 

女子による女子のための正しいビッチ講座

なんてどこにもありませんでした。←当たり前

ビッチのブログとかはあるんですが、もうそれはすでにビッチな方のためのブログ。(もはや武勇伝)

検索結果といえば、最強ビッチのルールという外国ドラマか、どう見ても出会い系に誘導したいであろうアフィリエイトブログ。

ヤフー知恵袋に相談しようものなら「親御さんが悲しみます。今すぐやめましょう。」

2ちゃんねるを開けば「ま~ん(笑)」

欲しい情報はこんなのではありません。

 

 

こっちは男性経験ほぼないんですよ?いきなりビッチという真反対の生き物になんて進化できません。

 

しかし逆パターンは多いことに気づきました。

 

「ヤリチンになるための方法」「お持ち帰りするには?」「セフレの作り方」

そう、「男子による男子のための正しい(?)ヤリチン講座」です。

 

ということは簡単です。

それらに書かれているような、持ち帰りやすい女子になればビッチへの道が開けるはず。

いくらこっちがビッチになりたくても、男性から選ばれなければなれないからね。

 

この世の中「男が女遊びをする」ということは一種のステータス化しているのか、この手の情報はすごく多いですね。そういうビジネスもたくさんだし。まぁいつの世もそうか。

逆に現実世界で「女が男遊びをする」というと恐ろしいぐらいの迫害を受けるのに。

嫌だわ。 

 

以下、私が勉強した「ビッチへの道」まとめます。

Mission1 相手の視線の先に注目

ここに「第一回女子による女子のための正しいビッチ講座(初級編)」開講しまーす。多分続きません。←

一対一で男性と会っている状況のみ想定しています。

谷崎は合コンや街コンなど複数人いる場での「即日お持ち帰られ」は推奨いたしません。

次(の人)に繋げにくいからね。

 

第一ミッション、相手の視線の先に注目です。

合コン等こちら側、相手側、複数人いる場合。

あなたが狙っている相手の視線の先には誰がいますか?

例えば、開始から終わりまで2時間。彼は誰を見ている時間が長かったでしょう?

  • それがあなたなら→おめでとうございます!第一段階クリアです。
  • 友達、その他なら→諦めないで!まだワンチャンあります。

男の人って単純です。興味のある女の方見てます。

(女はそうとは限らないもんなー難しい。)

相手が友達の方を向いてて、かつ友達もその人に興味ありそうだった場合。これは一旦引きましょう。これからのビッチ活動において大切な戦友をなくしてはいけません。

友達とその人がうまくいきそうではなかった場合のみ、動きましょう。

ここで大切なのは、必ず連絡先をゲットしておくこと。LINEのグループ作るのおすすめです。

連絡先の聞き方なんてのはもういいですよね。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。

そして「次はこれしよう会話」をしておいてください。一対一でもグループでも構いません。

「次」の会話は相手もその後誘いやすいんです。そんな環境作ってあげましょう。←

 

Mission2 種まきは自分から

無事に連絡先をゲットしたあなた。

最初の連絡は是非自分から行ってください。

送る文はなんでもいいです。むしろ「ただの社交辞令でしょそれ」ぐらいでいいです。

あなたから個別に連絡をする」ということが重要です。相手に「こっちはあなたに気があるんですよ」と思わせたら勝ちです。

するとどうでしょう。こちらの通り相手が話したい話、望んでいる行動が取れているあなた。向こうから誘われます。今のところ80%ぐらいです。まじで。

こじらせ男子が相手だと少々やっかいですが。

  • 誘われなかったら?→どうしても相手と遊びたいなら自分から誘ってください。
  • 微妙なら?→次に行きましょう。

男の人って単純です。(2回目)

向こうが少しでも自分に気があれば、すぐ誘ってきたり、連絡が続いたり、何かしらのアクションがあります。

 

逆に、話が続かない、予定が合わないなどなど。

奥手なのかしら。仕事が忙しいのかしら。

いいえ、あなたに興味がないだけです。

例えシャイだとしても、激務だとしても、それを超える何かがあなたにはなかっただけです。認めましょう。あいつら単純なくせに残酷です。

わざわざぶっつり切らなくても、タイミング見計らって行くという手もありますが、あまりおすすめではないですね。大抵うまくいきません。つぎ、つぎ!

 

Mission3 キスできますか?

連絡取って、無事にデートにこぎつけたあなた。

最初のデートはごはん、飲みだけにしておいてください。昼より夜がおすすめです。映画、遠出など余計なイベントは2回目以降に回しましょう。相当気が合わない限り、ダレます。

「キスできるから二人で会ってるんでしょ」って思ってると思います。こちら女子ですから、キスできるかどうかなんて出会って10分以内には判別してます。

ごはん、飲みの途中、必ず一度自分に問いかけてください。本当にこの人とキスできますか?

初対面フィルターかかってませんか?

スペックフィルターかかってませんか?←大事

 

これは私の意見ですが、キスできる人とはセックスできます。キスの方がハードル高いです。顔があんな至近距離にあるんだもん。

  • もちろんできます→Mission4に移ってください。
  • 無理かも→期待を持たせてはかわいそうです。2次会は行かないように。

キスできるかできないか、つまり自分が生理的に受け付けるか受け付けないかです。

悲劇を避けるためにも、シビアに考えましょう。

 

Mission4 スキを作れ

さぁ第一回女子による女子のための正しいビッチ講座(初級編)」最大の山場です。

お持ち帰りされるかどうか、ここがすべてと言っても過言ではありません。

男の人だって臆病です。

どんなに「この子俺に気があるだろうな」と思っていても、いけそうじゃない女子にはいきません。(あなたから誘うなら別ですが。嫌いじゃないです、肉食ビッチ。)

よく男の人向けヤリチン講座でこんなの見かけます。

  • バッグの中がごちゃごちゃしてる女はヤれる。
  • 靴が汚い、靴のかかとがすり減ってる女はヤれる。
  • 座ってるとき足がそろってない、開いてる女はヤれる。

こんなの女から見ればクソみたいな情報です(嘘とは言いませんが)。信じているヤリチン志願者はすぐ考えを改めましょう。

じゃあこのヤリチン講座は何が言いたいのか。

女のだらしなさにこういう箇所から気付けってことなんですね。はっきり言いますが、上記のだらしなさ=性へのだらしなさではありません。ありえません。

 

話を戻しますが、要はこのだらしなさがキーワードだということに気づいてもらえたと思います。「ちょっとだけだらしない女」を演じればいいんです。いいですか、ちょっとだけですよ、ちょっとだけ。ちょびっと。

100人中100人がだらしないと認めるような自堕落感ダダ漏れ女ではダメです。ドン引きです。

もしあなたがはっきりNOと言える女でも、今日だけは「えー?」でごまかしましょう。

男の人は「いけそうだし、いけなさそうだし・・・どっちだよ!」な状況大好きです。いや、大好きと言うか、自然とハマります。やりすぎたらあきれられるので注意!

「いけそうな女とヤれた」より「いけるか微妙だった女とヤれた」の方がいいに決まってますよね。

 

スキを作るのが苦手なあなたへ魔法の言葉を捧げます。

  • えー?
  • わかんない
  • どうしよう?

多用しすぎないように。アホだと思われます。

 

Mission5 このあとどうする?

物語は最終局面です。1次会もそろそろお開き。

是非あなたから言ってください。「このあとどうする?

もし先手を打たれた場合には聞き返してください。「どうしよっか?

これ、当たり前の流れからのすごくいい言葉で、相手に決定権をあげるようで主導権は握れるんですよね。

かつ、自分はこの後もあなたと一緒にいたいですよ(いてもいいんですよ)アピールにもなる。ステキ。

優柔不断男じゃなければこの後のプランが提案されるはずです。

  • 帰る?
  • 2次会行く?
  • 俺んち来る?

あなたの好きなプランを選択してください。

今夜決めるもよし、ひっぱるもよし。

優柔不断男の場合は逆にプランを提案してあげましょう。

 

Missionコンプリートです。お疲れ様でした。

 

 

当たり前のことしか書いてないようですが、本当にうまくいくんですよ。私だけじゃなく、何人かで実践済みです。←

もしうまくいかなかったら、どこかの手順でミスを犯しているはずです。

反省、復習は次の男でやりましょう。あなたはもうビッチなんですから。