婚活前ビッチ

モテテクは本当に役立つのか。アラサー喪女がビッチを目指します。

【喪女脱却計画】何をやってもモテなかったあなたへ。「2回目」がある女になるために、喪女がやったこと。

いい男落ちてないかなー。拾うのに。谷崎です。

 

前回の記事でお話ししたように、喪女が3か月で10人とデートするという無謀な目標を立てた谷崎。

limited-bitch.hatenablog.com

まず初めに、喪女脱却のためたくさんの情報収集から入ります。

f:id:jasminax:20160904095717j:plain

 

喪女脱却のためにやったこと3つ

  1. 外見を整える
  2. モテテクニックを研究
  3. 内面大改装工事

大きく分けてこの3つをやりました。

ここで大事なのがこの順番です!

喪女が喪女である理由は、こちらでお話しした通り、「自信がないこと」

limited-bitch.hatenablog.com

この3つの順番を守って、女としての自信を持つところから始めます。

1.外見を整える

断言します。世の中見た目です

男性はほとんどの人が第一印象でアリナシかを判断しています。

長い期間をかけて少しずつお互いのことを知っていって、「あ、この人本当はこういう人だったんだ」という流れからの恋愛なら「外見じゃなくて中身だよ」ってなると思います。もちろん。

しかし今回は3か月という短い期間で男性とデートをしないといけない。しかも10人。

この条件下で、ブスというのは本当に不利です。というか無理です、もはや。

そこで女王様を引き連れ美容院&お買い物へ。

 
ヘアメイク編
  • こげ茶ロング巻き髪前髪かき上げ←量産型
  • まつ毛エクステ←長くしない、自然な量
  • 派手すぎないアナウンサーメイク
ファッション編
  • シンプルイズベスト
  • スカートorワンピース
  • ヒールは履かない

以上です。これだけ。量産型普通を目指しました。

もともとほぼすっぴんぼさ髪メガネ出勤だったので、これだけでもすごく見違えたはず。私が身長高めだったのでヒールは履きませんでしたが、のちのちデートする相手によって変えていきました。合コンするとき、デートするときだけ気合い入れるんじゃなくて、毎日これで出勤しました。これメモです。

あともう一つ大事にしたのが、人の意見を聞いてすぐ取り入れること。

私は身近にモテ代表、「女王様」がいたのでほぼ彼女の意見に従いましたが、今まで外見にこだわってこなかった人たちにとって、雑誌やテレビだけを見て服や小物を独断で決めるということは絶対にしてほしくない!はっきり言うけどお金の無駄です!

もちろん顔は変えられませんが、これだけでも十分変わります。騙されたと思ってやってみてください。

むしろ、「すんごい美人」よりも「ちょっとかわいい」人の方が世の中モテます。なぜか。

ある程度外見が見れるようになったころには、今までより少し自信がついているはずです。

2.モテテクニックを研究

どこからどこまでをモテテクと呼んでいいのかはわかりませんが、モテを意識したら、もうそれはモテテクのはず。

さまざまな本を読みました。恋愛コラムを読みました。ブログを読みました。

そして気づきました。「モテテク」というのはすべて「コミュニケーション能力」に収束します。

  1. 笑顔
  2. 眉間を上げる
  3. 姿勢をよくする  →この状態キープで相手の目を見て話す、うなずく

(2.眉間を上げるに関してですが、これはわたしが奥二重のため、力を入れていないと目つきが悪くなるという理由からです。泣)

はい、基本姿勢はマスターできましたか?

これをマスターできればあとやることはただ1つ。

相手が話したい話をする。

これです。これだけです。

  • 男は話を聞いてもらいたい!から聞き上手になれ? 
  • 男は褒められるのが好き!だから褒めろ? 
  • 男はボディタッチされるとドキドキしちゃう!からさりげないボディタッチ?

はい、これ全部NGです。

具体的に何がNGかというと、男はこういう生き物だから、こうする、という短絡的思考が間違いなのです。

いざ実践したところで、

「話を聞いてもらいたいはず」→自分のことを話すのは苦手なんだけど。

「褒められるのが好き」→本当に褒めてほしいのはそこじゃない。

「ボディタッチ」→誰にでもこんなことするの?あざといなぁ。

と思われるのが関の山。

大事なのは仕草、振舞いではありません。

相手が何を望んでいるかを察知する能力です。

もちろん、上記のことを相手が望んでいるのであればすぐ実行すること。

それを見極めることが大事。

そしてこれは人とコミュニケーションを取るうえで培われていくもの。

これに自信がない喪女のみなさん、老若男女問わず一人でも多くの人としゃべりましょう、今すぐ。

逆に、

  • 自分のことばかりベラベラしゃべりすぎてはいけない
  • ぶりっこなしゃべり方はキモい
  • 下ネタばかり話しすぎてはひかれる

と、やってはいけないシリーズのモテテクたち。

いいんです!やっちゃって!相手が望んでいるのであれば!!

もう一度言います。

モテに必要なのは、

相手が何を望んでいるかを察知すること。

 

3.内面大改装工事

さぁここまでくればベースは固まっています。

最後にあと1つだけやっちゃえば、あなたも喪女脱却完了です。

 

自分はモテるんだ!!と勘違いしてください。

・・・はい。本当に難しいと思います。できるわけねーだろって聞こえてきます。

でもやるんです!

なぜこの素敵な勘違いが必要かというと、

「今までモテてこなかったわけじゃないんだけど、なぜか好きな人からはモテなくて・・・。」

とか言う人、まわりにいると思います。たくさん。

なぜそれなりにモテてきた彼女がピンポイントで好きな人からモテないのか。

  • たまたま相手のタイプじゃなかったから?
  • その人にもっといい人がいるから?

違います!

好きな人には好かれたくない、嫌われたくないと無意識に思っています。

そしてその思いが行動によって形になります。

すると皮肉なことに、相手に「あぁこいつは俺のこと好きなんだな、嫌われたくないんだな。」と伝わります。

そうです、いつのまにか相手に下手(したて)に出てしまっているのです。

ここで相手からマウンティングされてしまい、あとはこちらがどう頑張っても都合のいい女にしかなりません。

男はハンターとはよく言ったものです。

必ずしも「追われる女がいい女」だとは思っていませんが、「私はモテるんだから、何も特別あなたじゃなくてもいいのよ」という心の余裕は「モテ」においてとっっっっても大事です。

 

 

私が恋活を始めるにあたり行ったことは以上です。

文字にするのは簡単だけど、実際とってもハードルの高いことばかりです。

でも少しでも自分を変えたいと思うなら、是非やってほしい。

文字通り、人生変わります。